手芸パーツについて
製作事例

八東ふる里の森 杉のお弁当箱

八東ふる里の森様からご依頼いただき、木のお弁当箱を作らせていただきました。

地元中学校の行事で使用するもので、地元木材を使いたいけれど予算の都合があるとお聞きし、安全性を保ちつつコストをできるだけ抑えられるよう工夫をこらしました。

素材は防腐剤等の心配のない、無垢の智頭杉を使用しました。食品衛生法適合の接着剤を使用し、蓋のストッパー部分と、本体側面板の交差部分外側のみを固定。食品に直接接着剤が触れない構造になっています。

コストを抑えるため、きりの良い2枚の板からすべてのパーツを切り出せるようサイズを調整しています。
付属の仕切り板は斜めに入れることで、ご飯やおかずが動かないようになっています。

サンドイッチボックスやお菓子ボックス、小物入れとしても。杉の柔らかな香りもお楽しみいただけるお弁当箱になりました。


クライアント
八東ふる里の森様
用途
イベント用景品
素材
杉(鳥取県産)
サイズ
約104×258×42mm

お客さま情報
【八東ふる里の森について】
鳥取県八頭町にある、ブナの原生林に囲まれたキャンプサイトです。渓流遊び、バードウォッチング、星空観察など、様々な自然体験ができます。幻の鳥と呼ばれるアカショウビンを観察でき、全国のバードウォッチャーが訪れます。


八東ふる里の森ウェブサイト
https://www.hattofurusato.com/

この商品と似たアイテムを
ハッシュタグで検索する